東京都交友会の紹介

東京都交友会の目的、組織、定款、事業計画などお知らせします。

交流の機会

交友会は、楽しく、豊かな生活を楽しめるよう交流の機会を提供します

多様な交流の機会
懇親会の様子

交友会は、会員相互の交流の機会をできるだけ沢山設け、かつて職場をともにした人々との交流を深めていただきます。
年に2回の大会は大勢の方が集まります。積極的に参加していただきたいと考えています。
他にも、施設見学会、都区政報告会などを通じて、非日常的な生活に接したり、いまの都区政の話なども聞きます。
現役時代の上下関係や地位などは、まったく意識することなく、どなたでも全く安心してご参加下さい。

趣味・活動の場

会員相互に趣味の実現や活動の成果を発表していただけます
俳句や短歌、書道など趣味のサークル活動のために練習場所をご提供したり、ゴルフ大会、囲碁大会なども行っており、日頃の腕試しをしていただけます。

大宮国際CCの様子
大宮国際CC

佐々木克己会長の挨拶


さる6月18日の代議員会、理事会におきまして会長に選任された佐々木でございます。私の人生最後の仕事と受け止めまして、精一杯頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 本日は、令和と改元されて最初の定期総会でございます。この間、代議員、理事などの改選があり、また事務局も交代がございました。一新されました体制の下で、気持ちも新たに会の運営に努めてまいりたいと思っておりますので、これまで以上にご支援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 今日はあいにくの雨で懸念もございましたが、来賓として東京都から長谷川明副知事にご出席いただきました。本当にありがとうございます。また、たいへん足元の悪い中、大勢の方々にご出席いただいて、本当にありがとうございます。

 さて、交友会は、その前身でございます同人会として昭和24年4月10日、京橋公会堂で創立総会を開きまして、爾来70年の歳月を数え、いわば古希を迎えたということになるわけでございます。

 その節目に当たる今年、檜垣さんが会長職を退任されました。檜垣さんご在職の6年間は、交友会の歴史の中でも、たいへん大きな転換の時期にあったのではないかと思っております。檜垣さんは、交友会が一般社団法人という新しい組織に移行したのと歩調を合わせて会長になられ、まさしく交友会が生まれたその時から、小学校入学直前まで、いわゆる育ての親としての役割を果たしてこられたと思っております。

 この6年間は、誕生したばかりの法人の体制固めであるとか、旧事務所である昌平橋ビルの売却の問題、あるいは事務所の秋葉原から神田駿河台への移転、それから、新たな財産であります賃貸借物件の購入とその運営と、さまざまな難問に対処されまして、交友会のかじ取りを果たしてこられたわけでございます。たいへんご苦労も多かったと思いますが、改めて檜垣さんには深甚の御礼を申し上げたいと思っております。

 交友会の現状ですが、ご案内のとおり会員数の減少傾向がずっと続いております。また、会員の高齢化とか、将来財産への不安もあり、課題は引き続き重くのしかかっております。若手会員の大幅な加入促進を図ることがまず喫緊の課題ではなかろうかと思っています。

 東京都政については、来年の知事選挙を前にしまして、何かと話題の多い小池知事の下で、しかも、来年はオリンピック・パラリンピックも開催されるということで、都政全体慌ただしい日々の中であろうかなと思っていますが、この辺は後ほど、長谷川副知事のほうからお話を伺えるのではないかと思っております。

 1点、交友会と都政との最近の関係を申しますと、実は、今年は東京都と北京市が友好都市提携を結んで40年目に当たります。これに先立って昨年、交友会では、会員で組織した友好訪問団を結成いたしまして、北京市を訪問し、非常に熱い交流を深めてこられたと聞いております。それもあってでしょうか。本年6月7日、東京において、北京市が主催する「北京ウイーク」写真展というのがございました。これに小池知事とともに、交友会の大関理事長ほか2名が来賓として招待されて出席いたしました。

 さて、今や人生100年時代というふうに言われておりますが、各人が100年を生きるなんて保証は全くない。むしろ、高齢の時代というのは、「この1年、この1月、この1日をどう、きちっと生きていくか」、このことのほうが重要ではなかろうかと私は強く思います。

 もう、肉体の下り坂というのはとどめようがない以上、今の状態をどう維持し、ずっと継続していくか。そして、心楽しい日々を重ねていけるか。それがもっとも大切なのではなかろうかと思っております。

 交友会の会報を読みますと、自分なりの生活であるとか、生き方、あるいは活動、そういうことを充実させている記事に接し、たいへん大きな励ましを受けます。また、交友会の懇談会などで、私なんかが知らない分野の職場の方々と語り合うことができますと、たいへん大きな刺激を受けることもございますし、今なお努力し活動されている姿に感銘を受けたりすることもございます。

 私は今後とも、心楽しく生きる手段の1つとして、この交友会の存在はたいへん大きいものがあると思っております。交友会は「1つの広場である」というふうにも私は考えております。そして、そこに集う方々は、その人生の大半を都庁で同じ釜の飯を食い、苦楽を共にして、東京の発展と東京都民の幸福のために尽くしてこられた仲間でございます。

 もう、都庁時代の役職などは関係ございません。今や自由の身となった仲間同士がいろいろと交流を深め合い、己の来し方、行く末を確かめ合う広場、それが交友会だろうというふうに私は思っています。ですから、「この広場へ来て、ああ、良かったな」と心から思えるような、楽しい同窓会の広場でありたい。それが今の私の思いでございます。

 小椋佳が作詞した「惜春会」という歌がございます。その第1番はこんな感じです。「兎に角にも健やかに また逢えたこと 悦ぼう 年に一度の惜春会 特に話は無かろうと」。交友会に来るたびに私はこの歌を思い起こします。健やかに笑顔でこの交流ができる広場を、皆さんの力強いご支援によりまして一層大きな広場にさせていきたい。このように思っております。どうぞ、今後ともよろしくお願い申し上げます。


東京都交友会の概要

ここでは、(一社)東京都交友会の組織、定款、予算、決算、役員などについて紹介します。

組織

●令和元年7月1日現在 東京都交友会 組織
●平成29年9月14日現在 東京都交友会 組織
●平成27年7月1日現在 東京都交友会 組織
●平成26年7月 1日現在 東京都交友会 組織

定款


●平成30年6月19日、一般社団法人東京都交友会定款が、変更されました。
●平成25年3月25日、一般社団法人東京都交友会定款が、東京都より認可され、4月1日より発効しました。
●平成24年11月7日議決された、一般社団法人東京都交友会定款は、東京都の認可を経て発効しました。
●平成24年7月4日議決された、一般社団法人東京都交友会定款は、東京都の認可を経て発効しました。
●平成21年7月1日の総会で改正の議決がされた財団法人 東京都交友会 定款の変更は、7月31日に都知事の認可がおり発効しました。

事業計画・予算(概要)

●令和2年度 事業計画及び収支予算
 令和2年2月26日 理事会、及び平成31年3月19日
 代議員会で承認された。
●平成31年度 事業計画及び収支予算
 平成31年2月26日 理事会、及び平成31年3月19日
 代議員会で承認された。
●平成30年度 事業計画及び収支予算
 平成30年2月27日 理事会、及び平成30年3月20日
 代議員会で承認された。
●平成29年度 事業計画及び収支予算
 平成29年2月24日 理事会、及び平成29年3月17日 
 代議員会で承認された。
●平成28年度 事業計画及び収支予算
平成28年2月26日 理事会、及び平成28年3月18日 
 代議員会で承認された。
●平成27年度 事業計画及び収支予算
平成27年2月27日 理事会、及び平成27年3月20日
代議員会で承認された。
●平成26年度 事業計画及び収支予算
平成26年2月28日 理事会、及び平成26年3月20日
代議員会で承認された。
●平成25年度 事業計画及び 収支予算
平成25年3月22日 理事会及び代議員会で議決され、4月5日に理事会及び代議員会で承認された。
●平成24年度 事業計画及び収支予算
  平成24年7月4日 総会にて議決

事業報告・決算

●令和元年度 決算報告
  令和2年6月23日 代議員会にて承認
●平成30年度 決算報告
  令和元年6月18日 代議員会にて承認
●平成29年度 決算報告
  平成30年6月19日 代議員会にて承認
●平成28年度 事業報告及び決算報告
  平成29年7月4日 総会にて承認
●平成27年度 事業報告及び決算報告
  平成28年7月5日 総会にて承認
●平成26年度 事業報告及び決算報告
  平成27年7月1日 総会にて承認
●平成25年度 事業報告及び決算報告
  平成26年7月1日 総会にて承認
●平成24年度 事業報告及び収支決算
  平成25年7月2日 総会にて承認

常任役員

●令和元年6月18日現在 役員
●平成30年7月4日現在 役員
●平成29年7月1日現在 役員
●平成27年7月1日現在 常任役員
●平成25年7月1日現在 常任役員
●平成24年12月1日現在 常任役員
●平成23年7月5日現在 常任役員

・代議員については、会員のページをご覧ください。